メヘンディデザイン

  1. メヘンディデザイン「孔雀(くじゃく)」は愛情と成功

    孔雀(くじゃく)はオスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う姿が有名でです。最も有名なのは羽が青藍色のインドクジャクで、翠系の光沢を持つ美しい羽色のマクジャクは中国からベトナム、マレー半島にかけて分布します。

  2. メヘンディデザイン『曼陀羅(マンダラ)』は神の象徴

    日本語では重要文化財等の指定名称は「曼荼羅」に統一されていて、仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的、象徴的に表したものが「マンダラ」。チベット仏教 (ラマ教)の宗教儀式では、僧侶たちが何ヶ月も掛けて「砂マンダラ」を制作します。

  3. メヘンディデザイン『蓮(はす)』は女性の強さと美しさを 

    メヘンディアートの中でも、とても人気のあるデザインでもある『蓮(はす)』今回は蓮についてご紹介させて頂きます。お釈迦さまの花として有名な『蓮』夏の短い期間に見れる蓮の花は、お釈迦様の台座として使われています。蓮の花は泥水が濃いほど、大輪の花を咲かせます。

  4. メヘンディのデザインに意味があるの?

    ヘナタトゥーともいわれるメヘンディ。最近「消えるタトゥー」としても注目が集まってきています。その中で、メヘンディの特徴はその華やかなデザインにもあります。デザインは様々なため、デザイン本も発売されているほど。

ページ上部へ戻る