ブログ

チベット医小川先生と森で薬を探そうよ~懇親会~2016年6月5日 in 奈良生駒市


「森」のなかで、薬草をとおして「くすり」を学び、みんなが氣楽に集い学べる「塾」のような存在でありたい。

一つの薬草から歴史や文化、大自然、現代薬とつながり、ひとりひとりの「くすり」の世界観を育むことを目的としています。

「森でくすりを探そうよ」

耳を澄まし、目を凝らし、香りを嗅ぎ、草を口にして、森のなかで薬草を探します。

最初は同じ緑色の草木たちが、次第に異なる色々に見えてくるでしょう。

そして、森の中から生まれてきた伝統薬、現代薬に思いを馳せます。

ナチュラルからケミカルへ。森のなかに薬を探しに行きましょう。

小川先生と楽しい懇親会

自然に囲まれワークショップの後は体に優しいごはん!

朝採れの新鮮野菜や玄米など体にやさしい食材にこだわり、料理やスイーツはすべて自家製。

ベジタリアンの方にも対応しております。

生駒山からの奈良の景色を眺めながら、初夏の爽やかな景色がまさに命の営みそのものです。

どうぞごゆっくりお楽しみ下さいませ。

イベント詳細

開催日時:6月5日(日)15:00~

開催場所:Caito かくれ家café rest 生駒市小倉寺町543-3

アクセス:電車ご利用の方=近鉄生駒駅より車で約15分 ケーブル宝山寺駅より徒歩約20分。お車の方:第二阪奈道路壱分インターより車で約10分(駐車場有)

料金:5日のみ5,700円(お食事、ハーブティー付)※2日間セット割引9,500円

お申込み:奈良アーユルヴェーダスクール nara_ayurveda@yahoo.co.jp

プロフィール

小川 康(おがわ やすし)

小川康

チベット医師、「森のくすり塾」主宰
東洋と西洋の医学を薬学で結ぶ情熱の薬剤師。1970年生まれ。富山県出身。東北大学薬学部卒。薬剤師。元長野県自然観察インストラクター。薬草会社、薬局、農場、ボランティア団体などに勤務。1999年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人としては初めて合格。2007年卒業。晴れてチベット医(アムチ)となる。チベットの歌や踊りにも造詣が深い。2009年7月小諸に富山の配置薬を扱う「小川アムチ薬房」開店。(現在は「森のくすり塾」に改称、長野県別所温泉に移転)2015年3月、早稲田大学文学学術院を卒業。修士論文のテーマは「薬教育に関する総合的研究」著書:『僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと』(径書房)『チベット、薬草の旅』(森のくすり出版)

ページ上部へ戻る