ブログ

メヘンディデザイン『曼陀羅(マンダラ)』は神の象徴


日本語では重要文化財等の指定名称は「曼荼羅」に統一されていて、仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的、象徴的に表したものが「マンダラ」。チベット仏教 (ラマ教)の宗教儀式では、僧侶たちが何ヶ月も掛けて「砂マンダラ」を制作します。それを見た人はその美しさに圧巻されます。

マンダラという言葉の意味

「マンダラ」という語は、英語ではヒンドゥー教やその他のコスモロジー(宇宙観)も含め、かなり広義に解釈されていて、サンスクリット語の音写で、円板、円輪の意味、壇、輪円具足などと訳すそうです。

密教の修法のため本尊を中心としてこれと関連ある諸尊や守護などを方形や円形の区画の中に定めらせた方式に従って整然と配置して描いた図。

画面に大勢の仏や菩薩をたくさん並べて模様のようにかいた絵や仏教の儀式のときに本堂にかけて拝む様子が浮かびます。

 

曼荼羅

曼荼羅とメヘンディの不思議

曼荼羅は古代インドに起源をもち、中央アジア、日本、中国、朝鮮半島へ伝わった21世紀に至っても、チベット、日本などでは盛んに制作されています。

人間の心が、潜在的に心の平衡を保持しようというする働きがあり、マンダラを描くことによって増幅される可能性があるのではないかと言われいてます。

確かに、メヘンディで曼荼羅を描いている間は無のような瞑想状態になっている気がします。

曼荼羅とメヘンディ(ヘナ)のコラボは最強のような気がします。

曼荼羅メヘンディ

蓮の花と似たデザイン

曼荼羅は、仏教において聖域、仏の境地のシンボルです。形が丸いので、地球と人間のつながりを意味しています。

ホリスティック”wholeness of life” とも表現されます。

曼荼羅華(まんだらげ)=蓮の花なので、マンダラと蓮のデザインは似ているのですね。

蓮の花同様、デザインを対称に描くことに気をつけています。

このデザインを描いている間は、自然と気持ちが引き締まる感じになるのは不思議です。

蓮
メヘンディデザイン『蓮(はす)』は女性の強さと美しさを 
メヘンディアートの中でも、とても人気のあるデザインでもある『蓮(はす)』 今回は蓮についてご紹介させて頂きます。 お釈迦さまの花として有名な『蓮』 夏の短い期間に見れる蓮の花は、お釈迦様の台座として使われていま…

ページ上部へ戻る