ブログ

メヘンディのデザインに意味があるの?


ヘナタトゥーともいわれるメヘンディ。

最近「消えるタトゥー」としても注目が集まってきています。

その中で、メヘンディの特徴はその華やかなデザインにもあります。

デザインは様々なため、デザイン本も発売されているほど。

メヘンディのデザインには何か意味があるのでしょうか?

メヘンディをすることに意味がある

メヘンディは、ヘナを使用したタトゥーのようなものです。

ヒンドゥー教において、お金と幸運を司るラクシュミーという神様がヘナを愛していたということから、結婚式の花嫁には欠かせないものになりました。

そして、愛する伴侶になる男性から愛されていればいるほどメヘンディが濃くなると言われています。

そういういわれもあって、メヘンディはインドにおいて今も大切にされているのです。

ラクシュミーの恩恵を受けるような、幸運になれるようなメヘンディを行うことにとにかく意味があるのです。

 

デザインに意味はあるの?

メヘンディで描かれるデザインは様々あり、インドの古い教えにおいてはそれぞれの模様に意味があり、その意味に願いを込めてメヘンディをするというものでした。

インドではクジャク=愛の象徴という意味もあれば、富の象徴という意味もありひとつの意味に絞り込まれているわけではありません。またクジャクでも羽を広げているものと閉じているものでは意味が違ってきます。

メヘンディの模様の多くはインドの調度品などにも使われている模様が多く、今やそのデザイン性を重視して模様を選び、それをメヘンディとして楽しんでいる人も多いです。

そのため、日本でもメヘンディをする際には意味を重んじる人もいれば、好きなデザインで選ぶ人もいるようです。どちらにしてもデザインを楽しむというのがメヘンディの特徴でもあります。

メヘンディアートのメニューはこちら→http://henna-verde.com/menu/mehndi

人気のデザインは?

日本でも「ファッション性」を重視してメヘンディをする人も増えてきています。

どういうデザインが日本では人気なのでしょうか?

日本ではお花の柄が一番人気のようです。中でも蓮の花を好む方も多いようです。

蓮
メヘンディデザイン『蓮(はす)』は女性の強さと美しさを 
メヘンディアートの中でも、とても人気のあるデザインでもある『蓮(はす)』 今回は蓮についてご紹介させて頂きます。 お釈迦さまの花として有名な『蓮』 夏の短い期間に見れる蓮の花は、お釈迦様の台座として使われていま…

インドでも長く受け継がれているデザインだからこそ日本でも人気が高いのが特徴です。

また最近エキゾチックなデザインの人気も高まってきているため、ペイズリー柄などの人気も高いようですよ。

インドの国鳥がクジャクであることからも、クジャクデザインの人気も高く、華やかに見えるということもありトップ5にランクインするほどです。

まとめ

メヘンディの特徴はその華やかなデザインです。

遠い昔からインドではその意味を重んじてデザインを選びメヘンディを描いていたようです。今は日本でも注目されるようになってきて、デザインも多種にわたるようです。メヘンディのデザインに願いを込め、何よりも楽しみながらメヘンディを行うことがおススメです。

メヘンディを描いてみたい!描けるようになりたい方!メヘンディベーシック講座は初心者でも安心して受講できますので、興味のある方はお問い合わせください。メヘンディ講座の詳細はこちら→http://henna-verde.com/school/mehndi_school

ページ上部へ戻る