ブログ

メヘンディを描くためのヘナペーストの作り方


ヘナタトゥーとしても人気のあるメヘンディ。

最近はメヘンディを自宅で楽しむ方も増えています。

今回はメヘンディをする際に欠かせないメヘンディのペースト作りについてご紹介していきます。

メヘンディのペーストはヘナを選ぶところから

メヘンディはヘナパウダーをペースト状にしてから様々な模様を手や足などボディに描いていくのですが、まずはペーストを作るヘナをしっかり選ぶことが大切です。

メヘンディに使用するヘナパウダーを選ぶ際には、化学塗料の入っていない100%天然のヘナを選ぶようにしましょう。化学塗料の入ったヘナでメヘンディを行うと肌荒れを起こす心配があります。

ヘナ100%
ヘナの安全性と選び方のポイントは?
ヘアカラーやヘアトリートメントとして最近は美容室でも扱われるようになったヘナ。 ヘナは天然成分で染めることが出来るということは知っているけど、普通のヘアカラーと何が違って何がいいのかということをしっかりと知っている…

ヘナパウダーの下準備が重要!

メヘンディをよりきれいに行うために手に入れたヘナパウダーに下準備を加えることがとても大切です。

用意するのはボウルと布です。布の変わりにストッキングでも良いですし、使いやすいです。

使う分よりちょっと多めのヘナパウダーを布の上に載せて、布をふるいヘナパウダーを濾していきます。

その時にストッキングだとボウルにかぶせて、端を輪ゴムでずれないようにとめて使います。

この作業を2~3回繰り返すと更にきめ細かいヘナパウダーの下準備をすることができます。

ヘナペーストの作り方は?

ヘナペーストを作る際に必要なのは、ヘナパウダー・紅茶・ユーカリオイル・クローブです。

ヘナパウダー5gに対し、紅茶15㏄を少しずつ入れてよくかき混ぜてペースト状にします。ユーカリ&クローブの精油を3~4滴入れることでより良く染まり、冷え防止にもなります。ボウルにラップでカバーをして、室温で3~48時間ほどねかせます。

付ける直前にさらによくかき混ぜてください。ヘナペーストは密封状態で保管します。ラップをすれば室温で3日間保存できます。冷凍庫に入れると1カ月は保存可能です。使う時は湯せんか室温で解凍してから使います。

ヘナ

まとめ

メヘンディを自分で行う時に大切なのはこのヘナペーストを作る作業です。

混ぜるのは簡単ですが、濾す作業など少し面倒なところもありますが下準備をしっかりと行うことでより状態の良いヘナペーストを作ることが出来ます。

ぜひ、参考にして頂いて、質の良いヘナで独自のヘナペーストを作ってみてくださいね。

ページ上部へ戻る