ブログ

アーユルヴェーダ 太りやすいカパ体質におススメの食事法


アーユルヴェーダには3つに分類される体質があります。

その体質に適した食事方法などがあります。

今回はカパの人の体質と食事方法にご紹介していきます。

カパ体質とは

カパ体質とは、アーユルヴェーダの土と水に分類されています。

3つの分類の中でも一番太りやすいとされている体質です。

食べた後すぐに眠くなるという人いませんか、その人はこのカパに分類される可能性が高いですよ。

カパの体質のひとつにむくみやすいというのもあります。

そのため塩分摂取に気を付けるようにするなどが大切になってきますよ。

また、カパ体質の人は体力がある人が多いのにもかかわらず、あまり動かないということが多いです。運動をしないとすぐに太ってしまうという体質でもあるために、運動は積極的に行うようにしましょう。

見た目としては、色白で顔は丸顔。髪も黒く艶があり、目が大きくまつげも長いという特徴があるようです。

アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダを用いた健康的なダイエット方法ガイド
アーユルヴェーダはインド発祥のものですが、アーユルヴェーダによって様々な健康効果が期待できます。 その健康効果のひとつに「ダイエット」も当てはまります。 では、アーユルヴェーダとはどういったもので、どうしてダ…

カパ体質の食事

カパ体質に向いている食品は

  • セロリ、ピーマン、ニガウリなどの火を通した(茹でた)野菜
  • タンパク質は豆、鶏肉、卵
  • アプリコット、クランベリー、梨などの果物
  • 生姜、コショウ、赤唐辛子など体を温める香辛料

これらを意識して摂るようにしましょう。

甘味、塩味、酸味を偏って摂り過ぎる事でカパを増加させてしまいます。

すでにご紹介しましたが、塩分には気を付け糖分も摂りすぎないようにしましょう。

また、乳製品を食べると太りやすいために乳製品には気を付けるようにしてください。

その他、揚げ物や冷凍食品、バナナ、ナッツ類などは太る原因になりやすい食物は極力気を付けて摂取してくださいね。

カパ体質の人はとにかく太りやすいために食事に注意することが本当に重要です。

食事の内容はもちろんのこと、食事もゆっくりと時間をかけて食べるように心がけましょう。空腹時には非加熱のはちみつを食べるのが良いとされています。

おすすめ食事

塩分をとりすぎないようにするためにヘルシーな和食を食べると良いかもしれませんね。

例えば、ヘルシーな鶏肉を中心にある1日の献立を和食で簡単に説明すると以下のようなメニューは如何でしょうか?

朝食

ご飯・味噌汁(野菜と豆腐)、卵焼き、蒸し鶏と野菜

昼食

親子丼と熟した梨やりんご、親子丼に一味唐辛子などをかけるとより効果がアップします。

夕食

ご飯、鶏のしょうが焼き、味噌汁(野菜と油揚げ)、野菜炒め(塩コショウ)

まとめ

カパは体質だけではなく性質的にも特徴があります。

物静かで穏やか、それでいて我慢強く、慈愛に満ちているという性格。それゆえ物事をコツコツとこなし辛抱強くやりぬくことができるのです。

ぜひダイエットも辛抱強く続けてみてくださいね。

 

最新記事をメール購読

メールアドレスを入力すれば、更新した最新記事をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る