ブログ

妊婦さんが白髪染めしても大丈夫?影響は??


雑誌やサイトなどで目にする「妊娠中は、カラーリング・毛染めをしない方が良い」と言う記事。

それでも目立ってくる白髪を放置するのもかなりストレス…出来ることなら染めたいと言う気持ちもわかります。

何故妊娠中の白髪染め(カラーリング)はNGと言われるのでしょうか。

白髪染めはお腹の赤ちゃんに影響がある?

妊娠中にヘアカラーやパーマをすると、皮膚から薬剤がしみ込んで、赤ちゃんに何らかの影響があると思われる方も多いようですが、一般的には問題がないと言われている方が大半です。

妊娠中はホルモンバランスが不安定になる事で、普段よりも頭皮や肌が敏感になっているため、しみたり痒みが出たりと皮膚トラブルを起こす可能性が高まったり、また長時間同じ体勢で行うことからの体調面を気にしての注意が多いようです。

とは言え、心身共にデリケートな時期ですから極力薬剤などの入ったものは使用したくないと言うのが、妊婦さんの正直な気持ちですね。

頭皮にダメージの少ない白髪染めは?

一般的なヘアカラーは、髪を染めやすくするために刺激の強い薬剤が入っているのが殆どです。

最近では敏感肌用のカラー剤を取り扱っている美容院もあるそうですので、予約の際に問い合わせてみてもよいかもしれませんね。

刺激の少ないものとして、ヘナを使用される妊婦さんが多くなっています。

できるだけ薬剤の入っていない天然成分のものがおすすめですが、ヘナなら良いとも限りません

それは何故でしょう?

ヘナを使用するなら「オーガニック」のものを

ヘナなら安心と白髪染めを始める方もいらっしゃるようですが、一概にヘナと言っても、中には化学成分が入っているものもあります。

これは、髪をより早く染めることができるようにする為です。

その様なヘナは、同じヘナでも皮膚トラブルを起こしてしまう可能性がありますし、特に妊娠中には躊躇してしまいますよね。

本来ヘナは白髪染めではなくデトックスを目的に行うとされています。

頭皮
ヘナの驚きのデトックス効果を知ろう!
白髪染めなどのヘアカラーとして、最近注目のヘナ。 天然のもののため、通常のヘアカラー剤のようなにおいもせず髪にも優しいため使用する人は増えてきていますが、実はヘナにはそれ以外の効果もあるのです。 それが「デト…

デトックス目的でのヘナの塗布は髪ではなく、頭皮にすり込むことを重点的に行います。

ですので、妊娠中は逆に地肌を避けて髪の毛に塗るようにしましょう。念のため妊娠初期を避け中期以降に行うことをおすすめします。

また妊娠中の肌が敏感になっている点も踏まえて、必ずバッチテストを行ってから髪に塗布する注意が必要です。

まとめ

妊娠中のヘアカラーで、胎児への影響は医学的に証明されてないので心配も残るけど、白髪染はしたい。

そんな妊婦さん、たくさんいらっしゃると思います。

妊婦さん用のヘアカラーがあるわけではないので、最終的には自己責任で行うことになりますが、美容院でヘアカラーを行う場合は、必ず美容師さんに妊娠中であることを告げ、敏感肌用のカラー剤や、皮膚にカラー剤が直接つかない様に配慮して貰えるよう相談のうえで行いましょう。

また、ヘナを使用されたい方は信頼できるヘナセラピストさんに相談頂くか、もしくはご自身で行う場合は100%オーガニックなヘナを使用下さい。

そして、必ずパッチテストを行い、頭皮への塗布を避けて髪の部分だけにヘナトリートメントを行いましょう。

ページ上部へ戻る