ブログ

妊娠中にヘナカラーを使うのは大丈夫!?


妊娠中にヘアカラーをするとお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすかも。

そんな話を聞いたことがある人は少なくないですよね。

実際に妊娠するまではいつもきれいにカラーリングをしていた人も、妊娠した途端ヘアカラーをやめてしまうということもあるほどです。

では天然のヘアカラーであるヘナでのカラーであればいいのでしょうか?

妊娠中にヘアカラーは危険?

妊娠中ヘアカラーは辞めておいた方がいい?

一般的には特に問題がないといわれてのが大半です。

実際私も妊娠中にヘアカラーに関してお医者様に尋ねたことがありますが、ヘアカラーによって赤ちゃんに何らかの影響が出たという報告はないため妊娠中のヘアカラーを止められるということはありませんでした。

ただ、妊娠中はヘアカラーをするにあたって長時間同じ姿勢でいなければいけないこと、ホルモンの関係で肌が敏感になっているのでかぶれやすいこと、ヘアカラーのにおいで具合が悪くなってしまうことが懸念点のために妊娠中のヘアカラーはあまりすすめられないようです。ヘアカラーをしてはいけないというわけではないのです。

ヘアカラーなら何でも大丈夫?

では、ヘアカラーなら何でもいいのでしょうか。

実は通常のヘアカラーはもちろん、ヘナの中にも、化学塗料の入ったものがあります

この化学塗料は髪を染まりやすくかつ早く染めるためには欠かせない成分なのです。

そのため、出来るだけ化学塗料の入っていない自然のものを使用した方がいいのです。

ヘナカラーの方がいいの?

妊娠中、ヘアカラーよりもヘナで染めた方がいいという人もいます。

これはヘナが自然由来の天然のものだからです。

頭皮は子宮に直結しているとも言われており、頭皮から吸収したものが子宮に流れて溜まりやすいとも言われています。

子宮は他の臓器とは異なり、毒素を溜め込んでしまうという特徴があります。

なので、通常はデトックス効果のあるヘナを使用することで、子宮によいことは今の説明で分かると思います。

だからこそ、妊娠中には頭皮にすり込むヘナトリートメントはあまりおすすめしません

お客様の声
妊娠~産後。ヘナの作用に納得せざるおえません。KEさん
若い頃から髪の毛の量が多かったのですが、妹から「姉ちゃん、地肌見えてるでぇ!?あんなに髪多かったのに、年って事やな・・・」と言われるほど、一人目出産後は髪が細くなり、抜け毛も増え、白髪も多くなり、髪の毛がストレスの基にな…

まとめ

妊娠中どうしても白髪を染めたい。

そういう場合には、妊娠中期(安定期)以降、地肌は避けて髪の毛だけにつけることをおすすめします

ただし、妊娠中は皮膚が敏感になっていたり嗅覚が過敏になっていたりする時期ではあるので、ヘナによってかぶれたりヘナの香りで具合が悪くなってしまったりすることもまれにあるので、染める際にはその点には留意して行うようにしてくださいね。

ページ上部へ戻る