ブログ

ヘナデトックス中に眠気が起きる原因


ヘナを使用している時になんだか眠いかも。そう感じたことがある人はいませんか?

ヘナには様々な効果がありますが、実は人の眠気にも関係があるのです。

ヘナと眠気の関係をご紹介していきます。

ヘナを使用すると眠くなるの?

実際にヘナを使用した人の中に、ヘナをすると眠くなったという人が多いです。

そう、ヘナには人を眠気に誘う働きがあります。それもただ眠くなるだけではなくかなり深い眠りについてしまうのです。

実際に1990年にチャンダヌビーケーという科学者の論文においてヘナが眠気を誘うということが発表されているのです。

眠くなる原因

ヘナに含まれる成分のひとつにローソニアアルバというものがあります。

このローソニアアルバが人を眠気に誘ってくれるのです。ヘナ染めをしている人の多くが寝てしまうというのがこの成分のせいのようです。

ローソニアアルバは血圧を安定させてくれるため、眠りといっても、かなり深い眠りをさせてくれるため、睡眠不足など睡眠に何か悩みを持っている人にはおすすめです。

ちなみに、100%ピュアなヘナを使用するとその自然の草のような香りが心地よく、それも関係して眠くなってしまうとも言われています。ツーンと目を刺すような臭いのものは化学物質が入っている可能性もありますので臭いも気を付けてください。

ローソニアアルバの働き

ローソニアアルバは眠気を誘うだけではなく、それ以外の働きもあります。血液中に吸収されると、血液中の老廃物を吸着して解毒するという働きがあります。そのため、ヘナはデトックスの効果が高いのです。

また、血流を良くさせてくれるので、顔色が良くなり肌もきれいになります。

血流改善によって肩こり首こりなどの改善も向上しますよ。

まとめ

ヘナは頭皮などの皮膚から体内に吸収されることで、ヘナの成分であるローソニアアルバが働き、人を眠くさせてしまいます。

それだけではなく、体内を巡り老廃物を解毒してくれるので体がすっきりとし、血行促進効果から肩こりなどの改善にもつながります。

ヘナを塗って眠った後に体がすっきりしていると感じるのはこのローソニアアルバのおかげかもしれません。

体の中でも特に頭皮は成分を吸収しやすいです。ヘナには育毛など髪の毛を元気にさせる効果もあるので、ぜひ髪のお手入れと一緒にヘナを使用してみてくださいね。

頭皮
ヘナの驚きのデトックス効果を知ろう!
白髪染めなどのヘアカラーとして、最近注目のヘナ。 天然のもののため、通常のヘアカラー剤のようなにおいもせず髪にも優しいため使用する人は増えてきていますが、実はヘナにはそれ以外の効果もあるのです。 それが「デト…

ページ上部へ戻る