ブログ

ヘナトリートメントをご予約の方はお帽子をお忘れなくご持参下さい。


当サロンではヘナトリートメントをした場合、最低でも2時間~3時間は洗い流さない事をおすすめしています。

理由についてはこちら↓↓↓に詳しく書かれていますのでご確認下さい。

時間
ヘナの染め方と時間による染まり方の違い
白髪染めなどで人気のヘナ。 ヘナは自宅でも染めることが出来ますが、普通のヘアカラー剤とは異なるため染める時間も悩みますよね。 今回はヘナの染める時間についてご紹介していきます。 時間によって髪色に違いはある…

ですので、お帰りの際は帽子やターバン、ストールなどを頭に蒔いてお帰り頂きますので、ヘナトリートメントをご予約のお客様には、お帽子などをご持参頂いてます。

「トリートメントしたままってどのような状態になるの???」とご心配の方もいらっしゃいますので、少しご説明しますね。

 

トリートメントが終わりますと、頭全体にサランラップをまいてその上にヘアキャップをします。

ヘナキャップ

顔周りに余裕のある帽子の場合はヘアバンドなどをすることで、帽子からヘアキャップがはみ出るのを防げます。

ヘナ帽子

その上から、帽子をかぶった状態でサロンを退出して頂きます。

ヘナ帽子

帽子にプラス、長い毛先だけの着け毛をご持参のお客様もいらっしゃりとても自然な感じです!そのまま普通にお出かけできそうですね。

ヘナキャップ

頭にピッタリフィットするニット帽の場合はヘアバンドをする必要はありません。

ヘナ ニット帽

冬場は比較的大丈夫ですが、夏場になると汗をかくためヘナを含んだ茶色い汗が流れる事もあります(笑)

ですが、ヘアバンドをしておくことで汗が流れるのをある程度は防ぐことができますので、夏場はニット帽でもヘアバンドをする事をおすすめします。

100%自然のヘナは、衣類などに付着しても洗濯する事で簡単に落ちますのでご安心下さい。

サロンで洗い流す事はできませんので、くれぐれもお帽子を忘れる事のないようにご注意くださいね。

 

 

ページ上部へ戻る