ブログ

鼻の病気の予防と改善にナシャ療法


アーユルヴェーダではナシャ療法と言って鼻の中にオイルを点鼻し、鼻の病気の予防と改善、首から上のデトックスを行う方法があります。

脳の入り口とも言われる「鼻」を通して、オイルや薬を体内、頭に浸透させる方法です。

ナシャ療法によって鼻、のどはもちろん、血管や神経といった体の経路に働きかけることで髪や脳の問題も改善できます。

鼻洗い(ネーティー)と組み合わせる事で、更に予防、改善が強化され、鼻内膜が強くなり花粉症、蓄膿、鼻炎、鼻づまり、いびき、風邪の予防にも最適です。

鼻洗い器
鼻洗い器を使った鼻洗いのやり方。インドの自然療法で花粉症も予防できる?
インドでは鼻を洗う習慣があります。 日本ではあまり馴染みがなかったのですが、最近ではテレビCMで紹介されたり健康のために行うようになった人も増えているそうです。」 鼻の通りを良くして呼吸をスムーズにするため、…

ナシャ療法は毎日続ける事で次のような効果があります。

  • 風邪の予防
  • 花粉症の症状の緩和
  • 鼻づまり甲斐性
  • 毒素や老廃物の排除を促す
  • 鼻の粘膜の乾燥を防ぎ、刺激に強くなる(鼻の粘膜を花粉症から守る)
  • リラックス効果
  • 鼻汁の不快感がなくなる
  • 睡眠が深くなる
  • 脳に刺激があるため、老化防止や白髪防止になる

また、頭痛や眼精疲労などにも有効で視界がすっきりとします。

ナシャ療法

 

ナシャ(点鼻)の方法です。

    1. まず頭をそらせ、片方の鼻を指で押さえ空いてる方の鼻にオイルを2~3滴落とします。そのままゆっくりと吸い込み、もう一方の鼻も同じようにします。
    2. のどに落ちてきたら、ティッシュに吐き出してください。
    3. 終ったら白湯で口をすすいでスッキリ!

毎朝の日課にすると良いですね♪

 

最新記事をメール購読

メールアドレスを入力すれば、更新した最新記事をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る