ブログ

湯シャンとはどんなもの? その方法とは?


タレントのタモリさんや俳優や歌手で活躍中の福山雅治さんも実施しているという「湯シャン」。

いったいどういう物なのか、その効果とはどんな物なのか見ていきましょう!

湯シャンとは?

湯シャンとは、シャンプーやリンスを使わず髪を洗うことをいいます。水やぬるま湯だけで髪を洗い、汚れを落すという方法です。

湯シャンの仕方は簡単です。まず、柔らかいブラシで髪ををとかしておき、髪についているゴミなどをとっておきます。

お風呂では、33~34℃ぐらいのぬるいお湯を使用します。ぬるま湯で髪を濡らします。その際に、指の腹で頭皮をマッサージするように行うと汚れが落ちやすくなります。

ちなみに、ごしごしと洗うのは頭皮を傷つけてしまうので、注意してください。

続けて、お湯をいれた洗面器にお酢またはクエン酸を小さじ1/2ぐらい混ぜたらこれを頭皮や髪になじませていきます。始めた頃は髪がキシキシとしますが、しばらくは我慢しましょう。

洗い終わった髪はバスタオルで挟むようにしてこすらないようにして押し拭きます。

湯シャンのメリットは?

ではどうして湯シャンが良いといわれるのでしょうか?

まず、湯シャンはシャンプーやリンスを使わないというのが特徴です。私たちが普段使用しているシャンプーやリンスには界面活性剤が使われています。多くの人が使用しているものだからこそ、有害とまではいきませんが良いものとはいえません。肌が弱い人だとこれが原因でフケや頭皮のトラブルが出てしまいがちです。

そういった界面活性剤を使わないというのは頭皮の健康のためにはメリットになりますよね。

また、シャンプーには頭皮に必要な皮脂や水分まで奪ってしまうものもあります。それによって、頭皮の環境が悪くなり、髪の傷み・抜け毛などを引き起こしてしまうこともあります。シャンプーを使わないことによって、頭皮に必要な皮脂や水分を奪うことなく頭皮を健康な状態に戻してくれるというのも湯シャンの良い点です。

そして、経済的であるというのも特徴です。

少なくともシャンプーやリンスは生活必需品のひとつですよね。そして、決して安いものではないです。

なので、そのシャンプーやリンスを使わなくなることで経済的なのはもちろんの事ですね。

髪の毛

By: kei51

湯シャンのデメリットは?

逆にデメリットはあるのでしょうか?

まず、お湯のみで洗うため、ワックスやジェルなどを髪に使用するとそれを落すことはできません

そうなれば髪だけではなく頭皮の毛穴も汚れてしまい、その汚れから雑菌が繁殖しかねません。

また、夏場などはべたつきやにおいなどは取りきれないことがあります。

特に髪が長い人はそういう感想を持っている人が多いようです。

まとめ

湯シャンは頭皮を健康な状態にするためには良い点が多くあります。

ですが、現在の環境においてはシャンプーを一切使わないというのは難しいかもしれません。そのため、何日かに1回はシャンプーをするようにして頭皮の汚れを落すこともいいかもしれませんね。

ぜひうまく使い分けて湯シャンで頭皮を健康な状態にして、元気な髪の毛を取り戻してください。

ページ上部へ戻る