ブログ

正しいシャンプーの方法?間違うと髪や頭皮トラブルの原因に!


普段何気なくしているシャンプー。

私たちの意識としてはとにかく「汚れを落すこと」。

汚れを落すために様々な方法でシャンプーをしていると思いますが、シャンプーの方法を間違えば汚れを落すどころか頭皮にダメージを与えてしまうことも。

正しいシャンプーの方法について詳しくみていきましょう。

正しいシャンプーの方法は?

シャンプーの方法をご紹介します。普段自分が行っているシャンプーの方法と比べてみてくださいね。

まず、シャンプーをする前に大切なことは、事前に髪をとかすこと。できるだけ目の粗いものを使用し、髪がもつれないようにしてください。ブラッシングをすることで、事前に埃などのごみを落すことができます。

また、事前に髪や頭皮の汚れを十分に洗い流すことが重要になります。シャンプーをする時には、熱すぎるお湯、強すぎる水圧はNGです。温度は38℃~40℃ぐらい、水圧は美容室で受けるぐらい優しい水圧にしてください。

すぐにシャンプーをつけるのではなく、まず水分をしぼってからにしてください。

シャンプーを手に取ります。ミディアムぐらいの長さでワンプッシュ。髪の長さにあわせてシャンプーの量を調整してください。

シャンプーを手にとったらすぐに髪につけるのではなく、まず手のひらで泡立てます。泡立てることで頭皮全体にシャンプーが行き渡りやすく、洗い残りもなくなります。

泡立てた泡は髪ではなく地肌につけましょう。頭皮になかなかつけにくいので、髪をめくって頭皮に直接泡をつけるようにしてくださいね。

頭皮に泡が行き渡ったら指の腹で頭皮を洗っていきます。最初は円を描くように指を動かし、次にジグザグに指を動かしてください。頭皮全体を優しくマッサージするようなイメージで行うと良いですよ。

この時、髪にシャンプーをつけずとも、頭皮を洗うことで自然と髪にもシャンプーが行き渡りますよ。

洗い終えたら、優しい水圧のシャワーで地肌から洗い流していってください。この時、すすぎ残しがあると毛穴汚れにつながってしまうためしっかりと地肌を洗っていってください

シャンプーの選び方は?

正しいシャンプー方法はご紹介しましたが、次に気になるのはシャンプーの種類ですよね。

かなり多くのシャンプーが存在する中、どんなものを選べばいいのかというのはなかなか難しいものです。

実はこのシャンプーがよい!というのはありません。顔や体が人それぞれ違うのと同じように、人によって頭皮の状態も異なります。そのため自分の頭皮にあった成分をもつシャンプーを選ぶことが大切です。

頭皮は大きく分けて3つ、健康な状態・脂っぽい状態・乾燥状態の3つがあります。

健康な状態の頭皮は、シャンプーだけでも特に肌が脂っぽくならない状態です。脂っぽい状態は1日でもシャンプーを怠るとすぐに脂っぽくなってしまう状態。乾燥状態は、フケが出やすかったり、切れ毛ができやすかったりするのが特徴です。

まずは自分の頭皮の状態がどれにあたるか確認しましょう。

ラウリル硫酸という表示があるものはかなり強い洗浄力があるため頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうこともあるそうですので、気を付けてください。

出来るだけ、頭皮に負担のないもので出来れば化学薬品を使用していないシャンプーがおすすめです。

リンスやコンディショナーは何のため?

リンスはというと、リンスの成分は油分であるため油分によって髪の表面をカバーしてくれるのです。リンスをした後、髪がさらさらするのは、このリンスの油分によるものなのです。また、髪のもつ水分が蒸発することも防止してくれます。

一方コンディショナーは、リンスと違うのは、コンディショナーに含まれるたんぱく質成分が髪の内部にまで浸透するため、コンディショナーによって髪のコーティングだけではなく、髪の栄養補給にもなるのです。ですが、コンディショナー以上に髪にしっかりと栄養を行き渡らせるのはトリートメントが一番です。

また、髪の傷みが激しい人や頭皮にトラブルがある人にはヘナトリートメントをおすすめします

ヘナトリートメント
ヘアカラーだけじゃない! ヘナのトリートメント効果
ヘナにはヘアカラーの働きだけではなく髪や頭皮をきれいにしてくれるトリートメント効果が期待できます。 そこでヘナのトリートメント効果はどんなものなのかをご紹介していきます。 効果のヒミツ ヘナがどうしてトリートメ…

ヘナトリートメントは髪のコーティングや栄養補給はもちろん、頭皮から吸収される事で全身のデトックスを促します。また、ヘナトリートメントは2週間~2か月に1度を目安に行いますので、毎日の負担にもなりません。ヘナトリートメントを行う事で毎日のリンスやコンディショナーも必要ありません

まとめ

シャンプーの仕方を間違えれば、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことがあります。

そのため、シャンプーの温度や水圧にも気を遣い、さらには指先ではなく指の腹で優しく洗うということが大切です。

ぜひとも参考に毎日のシャンプーの方法を変えてみてくださいね。

ページ上部へ戻る