ブログ

妊娠~産後。ヘナの作用に納得せざるおえません。KEさん


若い頃から髪の毛の量が多かったのですが、妹から「姉ちゃん、地肌見えてるでぇ!?あんなに髪多かったのに、年って事やな・・・」と言われるほど、一人目出産後は髪が細くなり、抜け毛も増え、白髪も多くなり、髪の毛がストレスの基になるほどでした。

自然療法などに興味があったので、ヘナの事も何となくは知っていたのですが「体に害の無い毛染め」という認識だったのと、手間暇がかかるというのがヘナケアのスタートを遅らせたのだと思います。

友人からヘナ染めをしてくれるサロンがあると聞き、早速紹介してもらったのが「Verde~ヴェルデ」の萩野さんです。1カ月~1カ月半に1度、薄毛で気になる母親と一緒に通っていました。

私もすぐに抜け毛が減り、コシのあるツヤツヤな髪の毛になっていきました。

なんと母親はもう生えてなかった地肌から白髪ではなく、黒い髪の毛が生えてくるようになり、量も増えてとても喜んでいました。

3年ほど通っていたのですが、41歳になったばかりのある日、予想外の妊娠が発覚しました。

子どもをつくろうと思って頑張っていた訳ではなく、年齢も年齢ですし、娘を出産してから9年も経つので、本当にまさかまさかの出来事にびっくりする以外に感情表現できないぐらいでした。

ヘナは体のあらゆるところに作用するというのを聞いていたので、「健康になれば嬉しいな~」と思っていたのですが、まさか妊娠するほど子宮のデトックスが促されていたなんて・・・。

妊婦
妊娠中にヘナカラーを使うのは大丈夫!?
妊娠中にヘアカラーをするとお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすかも。 そんな話を聞いたことがある人は少なくないですよね。 実際に妊娠するまではいつもきれいにカラーリングをしていた人も、妊娠した途端ヘアカラーをやめてし…

妊娠が分かってからは、ヘナを控えていました。もちろん白髪が出なくなった訳では無かったのですが、ヘナにはデトックス効果があると言われているので、妊娠初期の不安定な時は念のため控えておいた方が良いとアドバイスを戴きました。

ちょうどつわりも酷く、毛染めをする気にもなれなかったのでちょうどよかったのですが、中期頃にはつわりも治まり、白髪も気になり出してきたのでもう一度相談させてもらいました。

どうしても気になるようでしたら、地肌に塗る事をさけて髪の毛のみに塗るのであれば大丈夫だと言う事と、それも自己責任で行うと言う事を踏まえ、自分でヘナを行いました。

無事出産の日を迎え、9年ぶりに元気な男の子が生まれ、現在2歳になります。

産後は案の定、大量の抜け毛を掃除する日々でした。シャンプーの時は、排水溝が髪の毛で真っ黒になり、普段は何もしなくても”パラパラ~”と自然に髪が抜けおちる日々でした。

産後初のヘナトリートメントに伺った時には、萩野さんもびっくりするほどの抜け毛の量でしたが、再び月1回のトリートメントで急ピッチに回復していきました。

また、ヘナはホルモンに働きかけるというだけあって普段よりも母乳の出も良くなり、「髪の毛は回復するわ、母乳の出は良くなるわ」で産後の肥立ちも良く、気持ち穏やかに子育てする事が出来ました。

妊娠中ヘナ

その後、ヘナヘッドベーシック講座を受けて自分でヘナ染めを行っています。

それでも、重要なヘッドマッサージなどは自分でするにも限度があるので、2~3回に1回はVerdeさんにお世話になり、萩野さんの極上のトリートメントに癒されています。

ページ上部へ戻る